【爪美容液】痛んだ爪への効果は?浸透型で爪の内部も補修しよう


爪美容液は、爪を補修する成分や保湿する成分を贅沢に配合した爪専用の美容液です。
ジェルネイルを繰り返してボロボロの爪や、水仕事で乾燥した爪、縦線が気になる爪などに、日頃のお手入れとして取り入れてみましょう。

爪美容液ランキング

爪美容液おすすめランキング

1位 ツメリッチ リペア

ツメリッチ リペア
  • ボロボロ爪を補修
  • 有効成分が爪に浸透しやすい
  • 平筆ペンタイプで塗りやすい
  • 5種の植物オイルで保湿もOK

2位 佐藤製薬 ネイルリペアセラム

ネイルリペアセラム
  • 爪と爪周りが潤う
  • 凸凹爪を補修
  • 2週間で効果を感じる

3位 ドクターネイル ディープセラム

ドクターネイル
  • 内側からダメージ補修
  • ドラッグストアで購入できる
  • 足用もある

4位 クリアネイルショット

クリアネイルショット
  • 硬くなってしまった爪にもしっかり浸透
  • 硬い足の爪のケアにもおすすめ
  • くすんで濁った爪やゴワゴワの爪に

5位 uka(ウカ) ベターネイルセラム

uka(ウカ) ベターネイルセラム
  • あっという間に乾く
  • ケラチン(アミノ酸)を補給
  • おしゃれで愛用者が多い

爪美容液の効果

爪美容液を使い続けることで、以下のような効果があります。

傷んだ爪を補修する

爪美容液に含まれる有機イオウ(MSM)や有機ケイ素(シリカ)が、爪の内部に浸透し、爪を補修します。

爪を乾燥しにくくする

有機イオウ(MSM)には爪の保湿に必要なコラーゲンを結びつける働きがあます。
また、「有機ケイ素(シリカ)」にはコラーゲンを生成する働きがあります。

爪美容液を使い続けることでコラーゲンが元気になり、爪が乾燥しにくくなる効果があります。

爪美容液

爪を保護する

「ヒドロキシプロピルキトサン」が爪をヴェールで覆い保護します。
ハードナーのように固めて保護するわけではありません。

爪を保湿する

爪美容液に含まれる植物オイルの力で爪を保湿します。

これらの成分が全て含まれる爪美容液『ツメリッチ リペア』が効果的でおすすめです。

ツメリッチ リペア公式ページへ

ツメリッチ リペアのレビューや口コミはこちら

爪美容液はどのくらいで効果が出るの?

爪美容液は3ヶ月以上続けて使うと効果が出やすいようです。
中には1ヶ月くらいで効果があらわれた!という人もいますので、人によって感じ方は違います。

そんなに待てない!と言う人は、佐藤製薬のネイルリペアセラムがおすすめです。
テストによって2週間で爪補修効果があらわれたとのことです。

爪美容液
出典:佐藤製薬ネイルリペアセラム公式サイト
爪美容液
出典:佐藤製薬ネイルリペアセラム公式サイト

佐藤製薬のネイルリペアセラム公式サイトへ

爪美容液の正しい使い方

爪美容液はネイルオイルと違い、爪の表面からも美容液成分が染み込みやすくなっています。爪の表面に隙間なく塗りましょう。

爪美容液

爪のキワや、爪の裏側(ハイボニキウム)にも塗りましょう。爪の裏に塗ることで、ピンクの部分(ネイルプレート)も伸びやすくなります。

ささくれが出来やすい人は、爪のキワにも塗って乾燥を防ぐようにしましょう。

爪美容液

塗った後はマッサージをしながら擦り込むと良いものもあれば、触らずそっとしておく方が良いものもあります。
使い方は商品の説明をよく読みましょう。

爪美容液
爪美容液を塗る量

爪美容液を塗る量は商品によって異なります。
少しの量でさっと染み込むものもあれば、たっぷり塗布して1〜2分おくものもあります。
商品の使い方をよく読んで効果的な使い方をしましょう!

爪美容液を塗るタイミング

爪美容液を塗るタイミングは1日1〜3回が目安。夏は1日に1回、乾燥する冬は2〜3回塗布しましょう。
できるだけ早くうるおいのある爪になりたければ、塗布する回数を増やしてみてください。

指先はどうしても日常で酷使されるので、爪美容液は落ちやすくなります。昼間は気になった時に、こまめに塗るのがポイントです。

爪美容液を塗る時の注意点
  • 清潔で乾いた爪に塗る
  • 水溶性の商品が多いので、塗った後は長時間水に触れないようにする
  • 寝る前の使用が効果的!

ネイルオイルでも爪は補修できる?

爪にはネイルオイルもよく使われますね!でも、オイルだけでは傷んだ爪は補修できません。

ネイルオイル

ネイルオイル(キューティクルオイル)は、主にオリーブ油、マカデミアナッツ油、アボカド油、ホホバオイルなどの植物オイルでできています。

植物オイルは肌馴染みは良いのですが、爪の表面からは染み込みまず、爪を補修する効果もありません。
爪の表面を覆い、水分の蒸発を防ぐことしかできないのです。

爪美容液

一方、爪美容液は植物オイルの他にも、有機イオウ(MSM)ケイ素など爪を補修する成分が含まれています。

また美容液を爪表面から浸透しやすくする成分も配合されていて、爪の下の「爪床」へ直接働きかけることができます。

爪美容液は「浸透補修液」と呼ばれることもあり、ネイルオイルより爪のダメージを補修する効果があるんです。

爪美容液

ネイルオイルと爪美容液どっちを使えばいいの?

爪用美容液は症状や目的によって選びましょう。

  • とにかく爪がボロボロ
  • 爪が白く濁っている
  • 縦ジワや二枚爪が気になる
  • ジェルを少しお休みしたい
  • 爪が弱くて伸ばせない
  • 健康的な爪を育てたい
  • ネイルオイルでは効果が感じられなかった

 そんな人は爪美容液(浸透補修液)がおすすめです。

  • マニキュアやジェルネイルの上から使いたい
  • 甘皮の乾燥を予防したい
  • 爪だけでなく、指先の乾燥も気になる

 そんな人はネイルオイル(キューティクルオイル)がおすすめです。

爪美容液の方が価格が高めなので、昼間はネイルオイルで乾燥対策をして、夜寝る前に爪美容液を塗ってダメージを補修するという使い方も良いと思います!

おすすめのネイルオイルはこちら

爪美容液は、浸透補修液、エッセンシャルセラム、ネイルセラム、ディープセラムなどいろいろな呼び方のアイテムが販売されています。
メーカーやブランドによって、ネイルオイルやキューティクルオイルを「爪美容液」という場合もあります。

成分や効果を確認して選んでみましょう!

爪を補修しながら色が付けられる美容液ネイルも人気です。

爪美容液は気になった時にすぐに塗るのがおすすめ!日常生活で落ちやすいので、こまめに塗ってあげましょう。