巻き爪の原因と予防方法!自分でできる巻き爪の矯正


爪が内側に巻いてしまう「巻き爪」。指に爪が食い込んで歩くと痛いですよね。
爪を切っても切っても、繰り返してしまう方がほとんど。
巻き爪になってしまう原因を知り、自分でもできるケア方法で巻き爪を改善しましょう。

巻き爪

巻き爪の症状をチェック!

巻き爪とは、爪の端が内側に巻き込んだ状態になること。
足に起こることが多いですが、手の爪に起こる方もいます。

巻き爪はひどくなると痛みを伴い、化膿・出血したり、痛みをかばうために歩き方が悪くなって膝や腰が痛くなってしまう場合もあります。
特に高齢者の方の巻き爪は転倒事故を引き起こしやすくなるため、注意が必要です。

巻き爪には主に陥入爪(かんにゅうそう)、弯曲爪(わんきょくそう)の2つがあります。

一般的に多いのは「陥入爪」です。

(1)陥入爪(かんにゅうそう)

陥入爪

爪が伸び、爪の両脇の角が指の肉に深く食い込んで痛みを生じるのが「陥入爪」(かんにゅうそう)です。
食い込んだ部分が赤く腫れ、炎症を起こし、放っておくと出血しやすい肉芽(にくげ・にくが)ができます。

(2)弯曲爪(わんきょくそう)

弯曲爪

爪が湾曲して伸びてしまった状態が弯曲爪(わんきょくそう)です。
湾曲が強い方は「のの字」のようにくるんとカールしている場合もあります。
痛みを伴わない場合もありますが、ひどくなるとやはり変形により痛みを伴います。

巻き爪の原因

爪はもともとは巻くように成長していきますが、立ったり歩いたりと、下から力が加わることによって、巻き過ぎずにまっすぐ伸びていきます。これが通常の状態です。

巻き爪の構造

しかし、爪の外から強く圧迫されたり、指に力の入らない歩き方で下からの圧力が弱かったりすることでバランスを崩し、爪は徐々に巻いてしまいます。

爪への過剰な負荷、また負荷の少な過ぎが巻き爪を招くのです。

巻き爪になる原因は主に、

  • 先が狭い靴
  • ハイヒール
  • ぶかぶかの靴
  • 外反母趾
  • 深爪
  • 爪への衝撃
  • ぺたぺた歩く
  • 爪が柔らかい

などがあります。

先が狭い靴

先が狭い靴

先が狭くなった尖った形をしている靴を履き続けると、爪が左右から圧迫され、爪が巻きやすくなります。小さすぎる靴も同様です。

ハイヒール

ヒールのある靴を履き続けると、指先に体重が集中し爪が圧迫され、巻き爪の原因となります。

ぶかぶかの靴

靴がぶかぶかすぎるのもNGです。靴の中で足が遊んでしまい、爪に靴の内側がばんばん当たるので、巻き爪になりやすくなります。

外反母趾

外反母趾

外反母趾の人は足の人差し指で親指を押してしまうので、親指の爪がまっすぐ伸びず、巻き爪になってしまうことがあります。

深爪

深爪

爪を切りすぎてしまう深爪。つま先より深く爪を切ってしまうと、足に圧力がかかった際に盛り上がった指の肉に邪魔されて爪が伸びることができず、爪が厚くなったり巻いてきたりします。

爪への強い衝撃

爪をぶつけたり、スポーツなどで爪に負荷をかけすぎると、爪の周辺が炎症を起こして爪を両側から圧迫し、巻き爪になることがあります。サッカーやテニスなどのスポーツでなる場合も。

ぺたぺた歩く

足の指に力を入れずにぺたぺたと歩くと、指に力がかからず、爪が巻きやすくなります。
また寝たきりの人も指に体重がかからない状態が続くため、巻き爪になりやすいようです。

もともと爪が柔らかい

体質として、もともと爪が柔らかい人は巻き爪になりやすい傾向にあります。

まずは自分が巻き爪になる原因を知ることが大事です。

巻き爪になってしまった時の対処法

巻き爪は原因を知り、セルフケアすることで改善することも可能です。

ただし、化膿や出血をしていたり、巻込が強い場合、痛みがひどい場合はセルフケアではなく医療機関で治療を受けましょう。

自分でできる対処法

  • テーピングで痛みを軽減
  • 自分で矯正して巻きを軽減

(1)テーピングで痛みを軽減

テーピング

爪の周りにテーピングを巻くことで、爪の食い込みを和らげ痛みを軽減させることができます。方法は2つ。
テーピングはドラッグストアなどで購入できます。

巻き方1)皮膚を引っ張る方法

爪の脇にテーピングの端を貼って、指の腹の方にぐるっと引っ張りながら貼ります。
これにより、爪と皮膚の間に隙間ができ、食い込みを減らします。
爪の両側が痛む場合は、左右2枚をXを描くように貼ります。

テーピング方法だ

巻き方2)皮膚と爪の間に入れる方法

爪に3mmほどかぶせるように、爪の周りにぐるっとテーピングを優しく巻きます。
3mmほど被せていた部分をピンセットなどで爪の隙間に入れ込みます。
テーピングが入らない場合は無理に押し込まないようにしましょう。

テーピング方法だ

お風呂上がりにテーピングをすると爪周りの皮膚がやわらかくなっていて、巻きやすくなります。

テーピングが面倒な方は、巻き爪用のテープやテーピングと同様の効果のクッションゲルなども販売されています。

【使い捨てタイプ】巻き爪テープ クイこまーぬ

クイこまーぬ

フットケア専用に開発された曲面形状のテープをサッと貼るだけ。
爪が食い込んでいる部位をテープが押し下げ、爪の圧迫を軽減させ巻き爪がラクになります。
強力粘着だから、日中貼っていてもはがれにくいです。
衛星的な使い捨てタイプなので雑菌によるニオイも気になりません。

【洗って使えるゲルタイプ】巻き爪直子

巻き爪直子

爪の周りを包むように装着するクッションゲルを使用した巻き爪ガードです。
爪をやさしく押し上げ、痛みから徹底ガードします。
耐震マットにも使われる、超衝撃吸収ゲルを使用。薄さ1.5mmなのに、約1000%も伸びるので、装着しやすいです。
洗って繰り返し使えます。

超衝撃吸収ゲル「巻き爪直子」を詳しく見る

(2)巻き爪を自分で矯正する

巻き爪も軽度でしたら市販のグッズで矯正することが可能です。
症状によって様々なタイプがあります。

【巻き爪拡張用の医療機器】即効性あり 巻き爪ロボ

巻き爪ロボ

巻き爪ロボは、爪の両脇を挟み、爪の中心を押し下げることで爪をまっすぐに矯正する機器です。
効果が出るまでに数か月を要したりこれまで の巻き爪矯正方式とは全く異なり、約30分で効果を実感できます。
東京電機大学との共同研究による基礎データ ・100人を超えるモニターによる臨床試験に裏付けされた医療機器認可の商品です。

「巻き爪ロボ」を詳しく見る

【ワイヤー装着タイプ】巻き爪ブロック

巻き爪ブロック

巻き爪ブロックは、工業用バネを応用した巻き爪矯正用の補正具です。
フック部を爪の両側に掛ける方式で、補正具が爪の両端を浮かせるように作用します。
保護テープを貼っておけば靴下に引っかかる心配もなく、外出時にも装着していられます。
バネは4ヶ月ほどで交換となります。

強い巻き爪の方は「巻き爪ロボ」で矯正して、「巻き爪ブロック」でキープさせるように使うのもおすすめです。

【サイズバリエーション】
大きさ=S・M・Lの3種類
厚さ・硬さ=ノーマル・ハード・スーパーハード・ウルトラハードの4種類
計12種類があるのでご自身の爪に合う商品を選びましょう。

自分でできる本格的巻き爪矯正キット「巻き爪ブロック」を詳しく見る

【形状記憶金属装着タイプ】ドクターショール 巻き爪用クリップ

ドクターショール 巻き爪用クリップ

ドクターショールの巻き爪用クリップは、形状記憶金属の板を巻き爪部分に引っ掛け、矯正する器具です。
形状記憶合金は、一定の力を維持しながら戻るので、爪が広がるまでずっと力を加え続けることができます。
手軽に装着できますが、サイズだけ間違えないように購入前に定規で爪を測ってから買うようにしましょう。1個入りなので、両足に装着する場合は2個買います。

【サイズバリエーション】
クリップの左右幅のサイズ=Sサイズ(14.5mm)/Mサイズ(16.5mm)/Lサイズ(18.5mm)

巻き爪にならないための予防法

治療後に、再び巻き爪にならないために、自分でケアすることも大切です。予防のために以下を心がけましょう。

  • 深爪しない
  • 巻き爪しない形に爪を切る
  • 足にあった靴を履く

深爪しない

爪は切りすぎないようにしましょう。長さは指先と同じか、1mmほど長いくらいまで伸ばしている状態が適切です。

深爪

巻き爪しない形に爪を切る

爪が巻かないように爪の左右の角を爪切りで切ってしまう人がいます。
しかしこれは逆効果です。

形は「スクエア」と呼ばれる形がベスト。
爪の先を平らにし、角は少しだけ整える程度にしましょう。

スクエア

巻き爪用の爪切りも販売されています。上手に切れない方は使ってみてはいかがでしょうか?

足にあった靴を履く

靴

爪を圧迫する先が尖った靴やサイズが小さい靴、ヒールの高い靴はなるべく履かないようにしましょう。
仕事上ヒールの靴が必要な方もいらっしゃいますが、仕事中以外はなるべくフラットな靴やスニーカーに履き替えるなどして、なるべくつま先に負荷がかからないようにしましょう。

巻き爪のケアについてまとめ

巻き爪がひどい場合や、爪水虫による変形の場合は、医療機関での治療が必要になります。
ひどい場合は、爪の両側を切除する手術などを受けることになります。
軽度の巻き爪でしたら、靴の見直しや爪の切り方の工夫でまだ克服することができます。
私自身も巻爪が食い込み歩くと痛い状態でしたが、先の尖ったおしゃれな靴をやめて、なるべくスニーカーで通勤するようにしたところ、数ヶ月で巻爪の痛みから解放されました。
陥入爪で炎症が酷くなると、市販の矯正器具やテーピングも使えなくなってしまいますので、食い込みが浅いうちに対処することをおすすめします。