有機イオウ「MSM」は爪を強くする話題のミネラル


爪サプリや爪美容液の中にも含まれる「有機イオウ(MSM)」や「有機ケイ素(シリカ)」。最近よく聞く成分ですね!これらはどんな役割があるのかご紹介します。

MSM

有機イオウ(MSM)の爪への効果

実はイオウは「美容ミネラル」と言われるくらいで、張りのある肌やつやのある強い健康的な髪の毛や爪を作るのに役立ちます。

有機イオウ(MSM)は爪を強くする

爪のケラチンはとっても結合力の強い「ジスルフィド結合(S-S結合)」で網目状に結ばれています。このジスルフィド結合に必要な成分の一つがイオウです。
有機イオウ(MSM)を摂取することで、強度のある爪を生み出しやすくなります。

有機イオウ(MSM)はコラーゲンを結びつける

爪は皮膚の一部なので、お肌と一緒で弾力のある健康な状態を保つためにコラーゲンは欠かせません。コラーゲンが不足すると爪への給水ができなくなり乾燥していきます。

バネや構造体の役割をしているコラーゲンの繊維同士を結びつける働きをしているものの一つが有機イオウ(MSM)なのです。

ゴムにも硫黄が入っていて、分子間を繋げ、伸び縮みの性質を持たせる役割をしています。お肌の中でも同時ようなことが行われているんですね。

皮膚のシワやたるみは「コラーゲン不足?」と思われていますが、爪の乾燥などはコラーゲン不足ではなく「イオウ不足である」とも言われています。

コラーゲンはたんぱく質なので肉や魚など普段の食事から摂取する機会が多いのですが、食品に含まれる無機イオウは食事で摂取されてもと25歳をすぎると腸から吸収されにくくなります。
そのためアメリカなど海外では、コラーゲンよりも有機イオウ(MSM)サプリメントを積極的に摂る人が多いようです。

有機イオウはMSM=メチルスルホニルメタン、ジメチルスルホンとも言います。日本では2001年に厚生労働省によって認可されたばかりの新しいサプリメント成分で、今はグルコサミンやコンドロイチンサプリなんかに配合されています。コラーゲンとエラスチンに関わる美容成分として肌や髪、爪への「美容ミネラル」効果でアンチエイジング分野でも注目されてきています。

「イオウ」と聞くと独特な臭いや温泉を思い浮かべる人も多いと思いますが、私たちの髪の毛や爪にもイオウは多く含まれていて、実際、髪の毛や爪をうっかり焼いてしまった時にイオウの臭いがしますよね。
有機イオウ(MSM(メチルサルフォニルメタン))は天然の有機硫黄化合物の一種で、私たちの体内に元々ある成分です。

有機ケイ素(シリカ)の爪への効果は

有機ケイ素(シリカ)って聞きなれないと思いますが、地球上では酸素についでなんと2番目に多い元素で、自然界では土や岩などに含まれる鉱物(ミネラル)の一種なんです。 私たちの体の中にもわずかですが存在し、爪をはじめ、皮膚、骨、血管、歯、髪、細胞壁、関節などあらゆるところで重要な役割をしているのです。
身の回りでは「シリコン」としてキッチン用品やシリコンシャンプーにも含まれています。

  • 有機ケイ素(シリカ)は主には、細胞と細胞同士をくっつけて強くする、いわば接着剤のような役割をしています。

有機ケイ素(シリカ)はケラチンを丈夫にする

爪や髪の毛のケラチンはとても硬い部類のタンパク質で、動物の角、ひづめ、クチバシ、魚のウロコなども硬質ケラチンでできています。お肌の表面もケラチンでできていますが、お肌と違って爪はとても硬いですよね。

そのケラチンをぎゅっと固めて丈夫にしているのが「ケイ素」です。

ケラチンは『繊維状タンパク質』というタイプのタンパク質で、一本のねじれたひものような形です。そのひも同士を繋ぎ止める接着剤の役割が有機ケイ素(シリカ)です。 ケイ素が不足すると、それらの結合組織が弱くなり、

  • 爪の強度が落ちる
  • 爪が割れる

などの症状が出るといわれています。

有機ケイ素(シリカ)はコラーゲンを結びつける

人間の真皮は、コラーゲン繊維が網目状の構造を作り、それをエラスチンがつなぎとめることで弾力を生み出しています。そして、コラーゲン繊維やエラスチンをさらに束ねる役割をになうのがケイ素なのです。

爪美容液

コラーゲンと結びついたケイ素は肌の隙間を接着剤のように埋め、コラーゲンの密度をぐっと高めます。コラーゲンが密に丈夫になると爪床の保水力が高まります。

有機ケイ素(シリカ)はコラーゲンの生成を助ける

ケイ素はコラーゲンやエラスチンを生成するお手伝いもしてくれます。

体内のケイ素量は20歳前後でピークに。そこからはどんどん減っていく一方で、40代では20代の「半分」に。ケイ素は体内で作ることができません。不足する分はサプリメントなどで補うのが一般的です。

  • シリカはドイツやアメリカではメジャーなサプリメント成分

ヒドロキシプロピルキトサンの爪への効果

ヒドロキシプロピルキトサンは、浸透性が高く、通常だと爪に浸透しにくい「有機ケイ素」や 「有機硫黄」を爪の中まで浸透させるための成分です。

「キチン・キトサン」とも呼ばれていて、キチン(chitin)の語源は古代ギリシヤの衣服であったキトン(chiton)に由来していて、「包むもの」を意味します。人の体への親和性が高く、安全性も高いことから、皮膚病治療のための人工皮膚としても使われているんです。ノンシリコンシャンプーなどにも活かされていて、擬似キューティクルを形成して表面をコートする働きもあります。

ヒドロキシプロピルキトサンは爪美容液でも、「有機ケイ素」や 「有機硫黄」の浸透を助けるとともに、爪表面をヴェールで覆い保護する役割を担っています。水分を保持する効果が高いため、長時間爪に潤いを与える事ができます。

おすすめの爪美容液ランキングはこちら

おすすめの爪サプリランキングはこちら